審美歯科

大井町やまなか歯科クリニックは、たくさんの患者様から審美歯科にご好評をいただいております。大井町やまなか歯科クリニックが推奨するのは、セラミック製の詰め物、かぶせ物(差し歯)を用いた審美歯科治療です。セラミックを使用することで、より自然で美しい歯の色、形、歯並びを実現できます。

多くの方に白い歯を実感してほしいから~大井町やまなか歯科クリニックの審美歯科~

審美歯科
セラミックを用いた治療は保険適用外ですが、少しでも多くの患者様に白くて美しい歯を実感していただきたいと思い、大井町やまなか歯科クリニックではセラミックを使用した審美歯科治療を低価格にて診療しています。もちろん、低価格であってもクオリティに妥協はございません。

また、低価格にこだわった大井町やまなか歯科クリニックの「ホワイトニング」も好評です。

「きれいな歯並びの白い歯になりたい! だけど高額だから……」と、治療をあきらめていた方、大井町やまなか歯科クリニックへぜひご相談ください。大井町やまなか歯科クリニックは、患者様の笑顔がよりすてきになりますよう、ひとりひとりのお口の状態に合わせた上質の審美歯科治療を低価格にて対応いたします。

おすすめメニュー

オフィスホワイトニング

1歯 2,000円+消費税
前歯6歯 10,000円+消費税

オールセラミッククラウン

5万円~+消費税

ノンクラスプ義歯

片側 10万円+消費税
両側 15万円+消費税

すべて歯の形成、型をとる値段も含まれています。

オールセラミック

「銀歯を白くしたい」「白くきれいな歯にしたい」
そう思っている方は多いはず。そうした方におすすめなのが、セラミックを使用した治療です。セラミックは審美性に優れ、まわりの歯とも調和します。さらに、金属アレルギーの心配もありません。

セラミックインレー

「インレー」とは、むし歯治療の際に削り取った部分を埋める詰め物のことです。「セラミックインレー」は、文字通りセラミックを使用した詰め物のことをいいます。
セラミックインレーを使用する大きなメリットはその審美性。虫歯治療で削った部分を補い、周囲の歯と調和する質感や自然な白さを実現することができます。 すでに入っている銀歯やプラスチックの詰め物を外し、セラミックインレーに替える治療ですので、比較的短時間でできるのも魅力のひとつです。

また、いわゆる銀歯に使用されている金属の詰め物は金銀パラジウム合金と呼ばれる金属で、摩耗しにくいといったメリットがある一方で、金属アレルギーを引き起こす可能性もいわれています。さらに、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックの詰め物はすり減りやすく、変色しやすいというデメリットがあります。

そうした身体への悪影響がなく、耐久性の面でも優れているのがセラミック。セラミックインレーにすることで、見た目の美しさはもちろん、安定した使い心地や耐久性を実感できるはずです。

ハイブリッドインレー

従来歯の詰め物に使用されているコンポジットレジンにセラミックの粉末を配合した素材を「ハイブリッドセラミック」といいます。このハイブリッドセラミックを使用した詰め物が「ハイブリッドインレー」。

ハイブリッドインレーは、セラミックとレジンのよいところを組み合わせたものです。 さらにオールセラミックよりもやわらかくて粘性があるため、周囲の歯を傷つけにくく、割れにくいインレーを作ることが可能です。

ただし、コンポジットレジンが混ざっているので、見た目の経年変化は避けられないというデメリットがあります。

インレー素材の比較

銀歯(金銀パラジウム合金) ※保険適用
銀歯(金銀パラジウム合金)
比較的安価です。
すり減りにくいです。
金属アレルギーを起こす場合があります。
見た目に違和感があります。
金属の影響で長年の使用で歯肉が黒ずむことがあります。
コンポジットレジン ※保険適用
コンポジットレジン
比較的安価です。
色が歯に似ているので見た目がよいです。
長年の使用で磨耗していきます。
変色しやすいです。
割れやすいです。
オールセラミック ※保険適用外
オールセラミック
強度が高いです。
審美性に優れています。
着色や変色がありません。
ハイブリッドセラミック ※保険適用外
ハイブリッドセラミック
歯科用のレジンにセラミックの粒子を混ぜ合わせたものです。
審美性に優れています。
経年変色が避けられません。

セラミッククラウン

「セラミッククラウン」とは、歯を削ってセラミックで作ったクラウン(差し歯)をかぶせることにより、歯の色や形、歯並びなど、見た目を改善する治療です。「歯の色が悪い」「過去に治療した差し歯が変色している」などの口元のさまざまなコンプレックスは、セラミッククラウンによって解消できます。

セラミッククラウンにはジルコニアを削り出して作るジルコニアクラウン。ジルコニアのフレームにポーセレン(陶材)を焼き付けて作るセラミッククラウン(大井町やまなかクリニックでは商品名プロセラ)。金属のフレームにポーセレン(陶材)を焼き付けて作るメタルボンドクラウンがあります。

これらはひとりひとりの歯の状態や症状、ご予算に合わせて選択。大井町やまなか歯科クリニックでは患者様と念入りにカウンセリングを行い、審美面でも、予算面でも納得いただけるセラミッククラウン治療を心がけています。

セラミッククラウンの種類

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウンとは、金属を一切使わず、すべてにセラミックを使用したかぶせ物です。自然な透明感があり、天然歯と見分けがつかないくらい周囲の歯になじむ、きれいな仕上がりが特徴です。歯肉に黒ずみも出ません。
MB(メタルボンド)
MB(メタルボンド)
金属フレームにセラミックを焼き付けたかぶせ物です。オールセラミックよりも強度があるので歯ぎしりや食いしばりのある方におすすめ。フレームに使用している金属は純度が高いものを使用し、経年変化による歯茎の着色リスクに配慮しています。
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウン
ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても有名で、驚くべき強度と体への安全性があります。 オールセラミックよりは審美性に劣りますが、強度があるので奥歯におすすめです。

ホワイトニング

毎日歯みがきをしていても、歯には食べ物や飲み物などの色素が沈着したり、加齢とともにくすんできたりします。定期的なケアをしないと歯の白さは徐々に失われていくのです。

そこでおすすめしたいのが「ホワイトニング」。ホワイトニングは、歯そのものを漂白し、白くする方法です。

ホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは、主にブリーチング(漂白)のことを指します。天然歯のみが対象となり、差し歯や詰め物の色などは漂白されません。

歯のクリーニング(PMTC)やエアーフローとホワイトニングの違いは、歯についた汚れを落とすのがクリーニング(PMTC)やエアーフローで、自分の歯の元々の色よりさらに白くするのがホワイトニングです。ホワイトニングは歯の内面を白くする方法で、歯の表面についた茶渋やたばこのヤニなどの汚れは落としません。

歯のホワイトニングは大きく2つに分けられます。歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」です。

オフィスホワイトニングはホワイトニング薬を使用し、光を当てて薬剤の効果を高めます。短期間で歯を白くできるのが大きなメリットです。ただ、白さの後戻りが早いので、定期的に施術することをおすすめします。

オフィスホワイトニング

「オフィスホワイトニング」は、クリニックで施術するホワイトニングです。何回かにわたってブリーチ処置を施し、段階的に歯を白くしていきます。

比較的即効性があり、少ない回数で効果が出やすいので、結婚式までに歯を白くしたい、という方などにもおすすめ。また、最近では就職活動前にホワイトニングをして好印象にしたい、という方も増えています。

大井町やまなか歯科クリニックでは「ビヨンドホワイトニングシステム」を導入。ビヨンドホワイトニングシステムは、ホワイトニング効果を維持しながら、気になる紫外線や過度な発熱を抑えた安全な設計のもとに作られています。

さらに、日本人の環境や歯に合わせ、日本人のために開発されたもので、国内約4,000件のクリニックが導入。ビヨンドホワイトニングは、日本で一番導入されているホワイトニングシステムです。
ビヨンドホワイトニング

オフィスホワイトニングの流れ

① カウンセリング
② 開口器装着
③ 歯ぐきの保護

歯肉保護材を塗布して歯ぐき全体を保護します。

④ ホワイトニング材の塗布

ホワイトニング材を塗布します。

⑤ ライト照射

専用の器具でライトを照射します。

⑥ 薬剤除去
⑦ 歯肉保護材除去

ホワイトニングQ&A

白さはどれくらい持続するの?

残念ながら永続的に白さが維持することはありません。白さが維持する期間は、生活習慣、日ごろのお手入れなどによってさまざま。白さを長期間維持するためには、ホワイトニングメンテナンス用の歯みがき粉を使うことをおすすめします。
また半年~1年ごとの再ホワイトニングや定期的にPMTC(クリーニング)やエアーフローによる洗浄を受けることで、より長く白さを維持することができます。

ホワイトニングは体に安全なの?

ホワイトニングは薬剤を使うため、歯を痛めたり、体に害があったりするのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。でも、ご安心ください。
ホワイトニングの薬剤の主成分は「過酸化水素」です。「3%過酸化水素水」は「オキシドール」として知られ、毒素や副作用がなく簡便なことから洗浄や殺菌にポピュラーに使用されています。

米国食品衛生局:US Food and Drug Administrationは、口腔用殺菌剤として安全性を認めており、アメリカ歯科医師会でも安全性は保証されています。

しかしながら、まれに知覚過敏などが生じることがあります。こうした症状は一過性のもので、ホワイトニングを一時中断すれば治まります。