口腔外科

口腔外科というのは、口腔(こうくう)、顎(がく)、顔面やその隣接組織を対象とする口腔周囲の疾患を扱います。親知らずの抜歯、顎関節症、口内炎などを治療します。

口腔外科で多く治療する内容

親知らずの抜歯

親知らずは一番奥にあるため歯ブラシが届きにくく、むし歯になりやすい特徴を持っています。また、親知らずの周囲が炎症おこして腫れるなど、歯周病になるリスクも高いです。

親知らずの抜歯は、普通の抜歯に比べてむずかしく、歯科医師の技術や経験がものをいいます。大井町やまなか歯科クリニックでは患者様のご負担をできるだけ少なくするよう、親知らずの抜歯は短時間で、痛みなく行うよう心がけています。

顎関節症の治療

「口を開けると関節が痛む」「カクカク音がする」などの症状があったら、顎関節の疑いがあります。
顎関節症の治療方法はいくつかあり、マウスピースを使用しての治療、詰め物やかぶせものなどで噛み合わせを調整する「補綴(ほてつ)治療」などを行います。

咬合調整

噛み合わせの不具合は自分では気づきにくく見過ごしてしまうことも多いものです。しかし、歯の噛み合わせが悪いと身体のバランスを崩し、その影響が全身に及ぶことがあります。

たとえば、かぶせ物の治療をしたあと穴があいたままにしている、抜歯したまま放置……などの状態を放っておくと次第に噛み合わせにズレが生じてきます。噛み合わせがズレると身体が歪み、肩こりや首こり、さらには腰痛や偏頭痛が起こることもあります。
噛み合わせの治療は、歯列の矯正治療などを行い、噛み合わせを正常な形に調整していきます。

口腔内の腫瘍・口内炎

大井町やまなか歯科クリニックでは、お口の中のさまざまな症例にレーザー(CO2レーザー)を使用しています。

レーザーを使用するメリットは、①消炎効果、②鎮痛・除痛効果、③殺菌・消毒効果、④麻酔作用、⑤止血効果、⑥組織の蒸散、⑦組織の活性化など。
大井町やまなか歯科クリニックではレーザーのこうした効果を利用し、歯周病の治療や歯の根っこの治療、口内炎などの治療をしています。

「口内炎だから……」と軽く考えるのは禁物です。お口の中にもガンはできます。口腔内が痛い、いつもと違うなど、気になる症状が出た場合は一度大井町やまなか歯科クリニックにご相談ください。

歯ぎしり

寝ている間の「歯ぎしり」や「食いしばり」は身体を緊張状態にし、知らないうちにストレスを与えています。
歯ぎしりや食いしばりは、歯のすり減り、歯周病、歯がしみる知覚過敏、かぶせ物の脱離や破損、歯や歯の根の破折などの原因となり、さまざまな悪影響があります。

そうした悪影響を緩和するために、大井町やまなか歯科クリニックでは「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを作成し、歯ぎしりや食いしばりを改善しています。ナイトガードをすることによって、「深い眠りにつけた」「偏頭痛が治った」と、患者様からご好評いただいております。

ドライマウス

「ドライマウス」とは口腔乾燥症(こうくうかんそうしょう)ともいわれ、口腔内や喉の渇きが主な症状です。「ドライマウス」は近年徐々に注目され始め、主にストレスや不規則な食生活、薬物の副作用が原因であることがわかっています。

ドライマウスの治療には、定期診断や毎日のお口のお手入れ方法の指導が有効です。口腔内粘膜保護のため、保湿力の高い洗口液、口腔内保湿ジェル、口腔内保湿リキッドの使用などもアドバイスいたします。

スポーツガード保険適用外治療

スポーツ選手や格闘技をする方が使用するマウスピースです。歯にかかる負担を軽減し、咬合力を高めるために使用します。さまざまな厚さや色調をご用意しています。価格は5,000円~+消費税(保険外)です。